HOME   >   JA松山市   >   地域コミュニティ誌「Pakutto」

地域コミュニティ誌「Pakutto」

「旬の情報 旬のおいしさパクッ!と」"Pakutto"をPDFファイルでダウンロードできます。
旬の農作物情報やキャンペーンやプレゼント情報満載の情報誌です。ぜひ、ご覧ください!

最新号


2018年秋号 [8.5MB]

秋のおいしさ、"パクッと"いただきます。
テーマ:「お米」
  • 久万高原清流米・にこまる
  • お米すごろく
  • お米博士クイズ
  • 今からできる!家庭菜園!

AdobeReaderダウンロードサイトへリンク:新しいウインドウが開きますPDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトが必要です。 最新のAdobeReaderのダウンロードはこちら。(ダウンロードは無料です。)

Pakutto2018年秋号 野菜博士クイズ

1.イネのどの部分をごはんとして食べているでしょう?
ま:実
る:葉
め:茎
ま:実
私たちが、ごはんとして食べているのはイネの「実」の部分です。
イネの葉や茎は乾燥させると「わら」になります。昔はわらをはき物や雨具、家の屋根、カゴなどに使ったりしていました。今でも、神社の大きなしめなわやお正月のしめかざりなどに使われています。
2.日本でいちばん多く育てられているイネの品種はどれでしょう?
ま:あきたこまち
る:コシヒカリ
め:ひとめぼれ
る:コシヒカリ
日本でいちばん多く育てられているうるち米は『コシヒカリ』で、全体の37.3%(2009年)をしめています。2位が『ひとめぼれ』(10.6%)、3位が『ヒノヒカリ』(10.3%)、4位が『あきたこまち』(7.8%)5位が『キヌヒカリ』(3.3%)と続いていきます。
3.お茶わん1ぱいに、何つぶの米が入っているでしょう?
ま:3万~3万5,000つぶ
る:300~350つぶ
め:3,000~3,500つぶ
め:3,000~3,500つぶ
お茶わん1ぱいのごはんは約150gで、炊く前のお米だと約65gです。 つぶを数えてみると、3,000~3,500にもなります。
イネは、もみがらのついたお米「種もみ」を植え、できた実を収穫します。 収穫時期になると、1つぶが平均で300~1,000つぶものお米を実らせます。

バックナンバー


過去の野菜博士クイズの答えはこちら

  • マネー診断
  • 地域コミュニティ誌「Pakutto」
  • 野菜博士クイズ

困った時のお問い合わせ

キャッシュカードをなくした
0120-71-0874
JAカードをなくした
(NICOS)0120-15-9674
(JCB)0120-79-4082
交通事故にあった
0120-258-931
もしものときは・・・
(葬祭)0892-21-2509

このページの先頭へ